2014年03月16日

アフィリエイトを始めてみました

アフィリエイトを始めてみました。
こうやって僅かでもできることからしてみるのはいいですね。
ラベル:
posted by こーさく at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

四条畷のジャンボたこ焼き

四条畷の忍ケ丘駅近辺で仕事がありました。
お腹ペコペコでいい匂いにつられ仕事終わり
駅の改札出てすぐにあるジャンボたこ焼きへ寄りました。
な、なんと6個300円!!!
しかもアツアツで美味しい!

ほっこりした気分で帰宅しました。

ラベル:
posted by こーさく at 14:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

成功体験

人生には成功する経験と
学ぶ経験しかない。

失敗ということは無いんだって。

成功に興味がある人は
http://www.emzshop.com/affiliate.asp?JID=266501&s=189&b=flw1129&i=10022&b=im10022

成功の9ステップ 良かったですよ!

posted by こーさく at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

少し新しいことをしてみよう!

アフィリエイトを始めてみた!
FanBlog を始めてみた!
寒い日が続いています。
みなさん、お風邪召しませぬように!
posted by こーさく at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

未来のベクトル つぶやき編



世の中で 起こっていることは、
すべて 我々のベクトルのカケラ





未来は、
現在の一個一個の判断の結果、積み重ねの結果

未来は、未来にあるのではなく、
そのベクトルは”今”作られてる



------

 ジブチ共和国 ディキル州ディキル市在住
 コンピュータ技術にて国際協力中
 任期: 2010年 9月27日 〜 2012年 9月26日まで


-

posted by こーさく at 07:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

ジブチの醍醐味!?


その日は突然やってきた・・・

我が家は石造りのしっかりした一戸建て、3LDKの広い間取りで
ディキルの中でも格別の状態にある。

それもそのはず、この家の大家はジブチの現役大臣。
基本快適安全に借家しているのだが、しっかりしている分
気密性が高く、天板はプレハブなため、とにかく暑い。

さらに水の周りが悪く、4月などは一月近く取水できなかった。

覚悟をしてアフリカにきたものの、隣近所が普通に使用できている
環境でわざわざ過酷なことをする必要もなく、ディキルの暑さを
考えると、水が無いのは致命的ともなる。

ダイニング以外の各部屋には天井中央に大きな扇風機がついている
のだが(ジブチ中に普及しているスタイル)、日中天板が60℃近くに
熱せられているので、回しても回しても熱を掻き降ろしているだけで
余計に茹だることとなる。

撒き水は瞬間室温が下がるのでしたいのだが、貴重な水を撒くことも
増やせず、浴び水するにも、炊事をするにも、洗濯するにも、貯めて
貯めて工夫して工夫しての水利用。

隣近所が普通に炊事洗濯する中、
なぜ家に水が無いかというと、実は家の貯水タンクはなぜか隣家の
屋上に鎮座している。

水流があるときはそこまで貯水できるのだが、水流が無ければ近隣で
一番最初に干上がることになる。

さらにタンク内は緑のカビっぽい藻に侵食されており、
水浴びをするとピリピリとした刺激通を伴っていた。

6月頃には水の無い暑さに朦朧となり、事務所に助けてもらい
首都まで緊急搬送される始末・・・

体調を維持することが極めて難しいこともあり、「水周りを何とかしたい!」
と考えるものの、下手なフランス語でジブチの現役大臣と直接しゃべれる
わけも無く、事務所にその仲介をお願いしていた。

事務所が親身に動いてくれたこともあって
1年近くお願いし続けた9月の末日、つまり昨日、
7、8人のスタッフに囲まれてジブチより大家が来てくれた。

テクニシャン(電気技師)が先日とりつけてくれていたポンプに電気コード
を這わせ、静かなうなりでモーターが回り、水がタンクの中へ流れていった。

水が隆々と流れていく様に感動!テクニシャンの日本を思わす鮮やかな
手並みに感動!!大屋さんがこまごまあった不便さを聴いてくれたことに
感動!!!(どこまで叶うかは別として)

テクニシャンは親身に電気周りの世話を焼いてくれて、
穴が開いて使えなくなった冷蔵庫も修理に引き取ってくれた。


話の繋がるまでは1年近く掛かったけれど、
(いわゆるアフリカンタイム?)
ある朝突然一気に解決する。しかも大臣と直接家のことでお話ができたり、、、これぞアフリカの、ジブチの醍醐味!?

早朝、
農業隊員として来ている先日の同期の農園を見学させてもらった。大小多様な植物や作物が繁り、緑濃く、涼しく、たくさんの動物や鳥に囲まれずいぶん癒された。
石漠のジブチに在っては別天地のような一区画。

この極端なコントラストに、まだまだいろんなチャレンジの素地があるのを見た気がします。


------

 ジブチ共和国 ディキル州ディキル市在住
 コンピュータ技術にて国際協力中
 任期: 2010年 9月27日 〜 2012年 9月26日まで


-
posted by こーさく at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月30日

食べても食べても・・・


さてディキルへ帰り、久しぶりの出勤

意外と順調にまわっていた様子に一安心。

昨日ごっそり買って帰った食材のおかげで
しばらくは安心した食生活を送れる。

というのもディキルでできる外食は
パスタ、ハリコー(豆スープ)、ブリュス(スープとの混ぜご飯)、
フィリップソハル(レバーと唐辛子の炒め)
の4つくらい。

味は悪くなく、
最初は満足して食べていられるのだが
ずーっと同じ4種類だとさすがに飽きてしまう。
(これでも他の派遣国メンバーよりはましらしい)

栄養も偏りがちで
地表温60℃近い環境での生活だと
食べても食べても体力が損耗している

室温38℃での睡眠は
寝て起きるたびに水分と体力が枯渇する感じになる

首都では日本と遜色のない食品がだいたい手に入るので
おのずと上京するたびに買い出しをすることになる。

しかも移動は"過酷"極まりないため
1回の移動で大量に運びたくなってしまう

食材をしまうため、
ならべていると、重い瓶と目が合った

蜂蜜だ

蜂蜜をどう摂取するか
瓶を前に一思案を楽しんでいる

そしてすでに三日月のしずんだディキルの空は
ひときわ綺麗な星空が拡がっている


------

 ジブチ共和国 ディキル州ディキル市在住
 コンピュータ技術にて国際協力中
 任期: 2010年 9月27日 〜 2012年 9月26日まで
posted by こーさく at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

ちょっと贅沢に!


久しぶりにカチンと来た!

歓送迎会を滞りなく済ませ、
任地ディキルへ戻ろうと朝から大汗かいてバタバタと

ディキル行きの長距離バスのバス停へ向かうのに
どうしょうなかぁ・・・と思案していた

市内の市街地バスで行くと40ジブチフランと安いけど、
降りてから重い荷物を持って1キロ近く歩くことになる

タクシーを使うと初乗り500ジブチフランだけど
乗り付けできる。

ただでさえ蒸し暑いので少し動いても堪えるところ
これ以上体力を消耗したくないのと、
重い荷物で汗だくとなり
人が集まるまで2時間近く出発しない長距離バスの中で
汗だく朦朧で待つのは如何なものか、、、と

どっちにしようか思案していた

いつもは独りで行き来しているのだが
今日はディキルで近くに住んでいる同期が一緒に帰る

それもあってバス停までタクシーを使ってしまおうと大奮発

タクシーを捕まえ、バス乗り場まで500フランの交渉済みの状態で
いざ荷物を詰め込もうとすると
「荷物は500フランだ」と言い出した

なんだと?!
久しぶりにカチンと来た!

明らかに足元を見ての吹っかけ
普通は問題なく500フランで行ってくれる

OK!もういらない 他を探す!
と積み込んだ荷物を降ろし始める

こっからが交渉開始

事務所のガルディアン含めいくらで行くだの
大騒ぎ(日常の光景)

激しく言い争ってるドライバーの肩を叩き
「OK、もしディキルまでだったらいくらだ?」
間髪をいれずに
「10000フランでどうだ?」

ディキルまで使うことは今までなかったのだが
あまりのバスの環境の悪さに、同僚と
「タクシーだったらディキルまで12000フラン、二人で割ったら
疲労度のこと、倍ほど時間が掛かること、ぎゅうぎゅうで
3時間も身動きできないこととを考えて払ってしまいたい金額だね」
って話をしていたところだった

突然の10000フランの提示に運転手の目はキョトン
金額につられた快諾が得られ、

太っ腹となった
彼ら(ドライバーの友人が助手席にいた)のカット(葉っぱ)と飲み物
ガソリンを満タンに満たし

快速快適にディキルまで帰ってきた。

500フランの吹っかけが、-2000フランになってるはずだが
突然の大金の取得の彼らと快適快速な移動で最小の体力損耗ですんだ二人
みんな笑顔となったちょっと贅沢な帰ディキルでした。


P.S.
家に着いたら1年ずっと言い続けてた水道のポンプを大家が付けてくれていた
しかし残念なことに、苦労してつけた窓と玄関、勝手口の蚊帳で造った網戸が
ごっそりはがされていた、、、
苦労して取り付けただけに思わず頭に血が上ったが

今日はプラスマイナス、そんな日かぁ、、、

・・・な一日でした。


------

 ジブチ共和国 ディキル州ディキル市在住
 コンピュータ技術にて国際協力中
 任期: 2010年 9月27日 〜 2012年 9月26日まで

posted by こーさく at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

ジブチに住んで早1年!


思えば遠くへ来たもんだ〜るんるん

つい先日(ジブチ25日)、2年の任期を終えた先輩4人を見送り
本日(同27日)、後輩3人が到着しました

くしくも27日は、私がジブチへ来て丁度1年の日

後輩3人のういういしい様子を見て

帰国した2人の先輩の気持ちをなぞってみたり
到着したばかりの3人の気持ちに遡ってみたり

なんとなく気恥ずかしい状態です

さて
これから丸々1年!

今年は少し、動いていこうと思う


------

 ジブチ共和国 ディキル州ディキル市在住
 コンピュータ技術にて国際協力中
 任期: 2010年 9月27日 〜 2012年 9月26日まで



posted by こーさく at 00:11| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。